冷え性対策ができる食べ物の種類について

身体の冷えはたいへん辛いものです。身体が冷えたまま何もしないで放っておくと、様々な病気の原因になるとも言われているので冷え性対策が大切です。冷え性は、血行不良で身体の隅々まで血液が行き渡らず、体内で作られた熱が運ばれないために起こります。
また食生活の乱れから起こるケースもあり、油分や糖分の多い偏った食べ物中心の食生活をおくっているとドロドロの血液になってしまい血流が滞ります。さらに乱れた食生活は血管をぼろぼろにして血管年齢を上げるので注意が必要です。
冷え性対策としては、まずは身体を温める食事を摂ることがことが基本になり、血液をサラサラにすることができれば、血流が改善されて身体中に毛細血管を使って手足の末端にまで熱を運べるようになるので、冷え症は次第に改善されていきます。
食べ物の中にはトマトやバナナ、レタス、セロリ、キュウリのように身体を冷やしてしまう食べ物がありますが、温める食べ物も多くの種類のものがあるので、冷え性対策としては、冷やす食べ物をできるだけ減らし、体を温める食品を中心に栄養バランスのよい食事を心掛けるようにすると良いでしょう。
身体を温める食べ物の種類は、ショウガやニンニク、ごぼう、大根、にんじん、れんこんなど地下で育つ根菜類や冬など寒い季節や寒い国で育つ食品です。肉の種類では羊肉、レバー、鶏肉、魚では、鰻や鰤、鮭、鰯などです。
これらの食材を茹でたり、煮たり、焼いたり、炒めたりして熱を通して調理し、温かいうちに食べるとより効果的です。冬場に好まれる鍋料理は温かいまま食べることができるので、非常に優れた調理法だと言えます。
水分の多い食べ物を食べすぎると、水分が身体に溜まって内蔵の動きが鈍くなり血流が悪くなるので、代謝を上げたり利尿作用のあるニンニクやショウガ、しそなど香味野菜を積極的に摂ることも大切です。